AX

気になる情報編集部ログ

生活の知恵や美容と健康に役立つ豆知識をお届けする情報ブログ

【五色沼探勝路】散策に必要な所要時間は?駐車場とバスを利用

五色沼

「福島県の五色沼を散策してみたい!でも、どのくらい時間かかるの?」

福島県を旅行するなら絶対に行ってみたいのが五色沼自然探勝路ですよね。

エメラルドに輝く湖沼を見ながら遊歩道を歩けば、感動と同時に気分もリフレッシュできます。

でも福島県には他にもたくさん見どころがあるので、1日のスケジュールを考えると気になるのが「五色沼にかかる所要時間」

五色沼は大きな沼を1周するコースではなく、10個近い湖沼を見ながら1本道を歩くコースなので、車で来た場合にはゴール後に駐車したスタート地点にまた戻る必要があります。

そのため、移動を含めると意外と時間がかかる・・・。

そこで今回は、わが家の旅行で五色沼自然探勝路の散策にかかった所要時間を詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

 

 

まず、五色沼自然探勝路のスタートとゴール地点・駐車場から

五色沼には、スタート地点となる「裏磐梯ビジターセンター」と、ゴール地点となる「裏磐梯高原駅(バス停)」のポイントがあります。

五色沼の案内図(五色沼の案内板より)

五色沼の全長は約3.6㎞。平地はとても歩きやすい道ですが、勾配や足場の悪いところも少しあります。

■広い駐車場がそれぞれあります

裏磐梯ビジネスセンターも、裏磐梯高原駅も広くて停めやすい駐車場がありました。

ちなみに、どちらも駐車料金は無料です。

こちらは裏磐梯ビジターセンターです↓

裏磐梯ビジターセンター

その駐車場です↓

駐車場とバス停

土曜日の朝8時20分に到着しましたが、すごーく空いてました^^

駐車場の先には、バス停「五色沼入り口」があります。

そのためビジターセンター側、磐梯高原駅側のどちらからスタートしても大丈夫。

大丈夫だけど、最終的には徒歩かバス、またはタクシーで駐車場まで戻ってくる必要があります。

ちなみに、今回、私たちはビジターセンターに車を停めてスタートしましたが、裏磐梯高原駅側からスタートした方が勾配が少なく歩きやすいそうです。

実際に、磐梯高原駅方面から歩いてくる人の方が多かったですね。

スポンサーリンク

 

 

五色沼を見ながら歩く所要時間は?

五色沼

五色沼を歩いた時間は、約1時間20分でした。

毘沙門沼→赤沼→みどろ沼→竜沼→弁天沼→青沼→柳沼の順番で、湖沼の美しさを堪能しながら、写真を撮りながら歩きました。

バスの時間を気にしながらだったので、ちょっとだけ早いペースかも。

五色沼

神秘的な青。

残念ながらちょっとお天気が曇りだったので、晴れた日に行くことができればもっと綺麗だと思います。

途中、脇を流れる清流にも目を奪われます。

五色沼の清流

裏磐梯ビジターセンターに隣接するバス停「五色沼入り口」で、帰りのバス時刻を調べてから出発しました(裏磐梯高原駅→五色沼入り口のバス発車時刻)。

実際の散策時間は約1時間20分でしたが、バスの発車時間を考慮しながら歩いたので、少し早歩きだったかもしれません。

バス乗車にかかる所要時間は?

五色沼のバス

裏磐梯高原駅⇔五色沼入り口間のバス乗車にかかる時間は、約5分でした。

バスの発車時刻に合わせて五色沼を散策したので、待ち時間なく乗れました。

1時間に1本くらいのペースで運行するバスなので、タイミングを逃してしまうと、徒歩かタクシーを選択することになるので注意が必要です。

本当に偶然でしたが、私たちが裏磐梯高原駅のバス停に着いたら、桧原湖一周観光バス「森のくまさん」が待っていてくれました!(9月の土曜日、9時34分発)

五色沼バス森のクマさん

まるで「トトロ」の世界に出てきそうな懐かしくて可愛いバスで、女性の添乗員さんが裏磐梯の観光情報をマイクを使って説明してくれます。

しかも、わが家のみで貸し切りだったので、5分間の短い時間でしたが超贅沢なバス時間でした♪

「森のくまさん」バスは、燃料が廃食用油だから環境にも優しいんですよ。

最終的に、五色沼散策全体にかかった所要時間は約1時間40分

五色沼散策、バスでの移動、トイレ休憩などすべて含めた所要時間は、約1時間40分でした。

もし晴れた日であれば、青緑に輝く湖沼をじっくり写真に撮りたくなるだろうし、ベンチに腰を下ろしてゆっくり湖を眺めるならば、もっと時間がかかると思います。

【裏技!】五色沼散策でバスの時間を気にしない方法

せっかく五色沼に来たのに、帰りのバス時間を気にしながらだと楽しめない・・・という場合の裏技として、

五色沼入り口、裏磐梯高原駅どちらからスタートするにしても、駐車した側からバスに乗り、反対側へ移動。そこから駐車した方面に五色沼を散策しながら戻る。

という方法であれば、帰りのバス時間を気にせず、自分のペースで五色沼を楽しむことができます♪

五色沼の楽しみ方で所要時間は変わってくると思いますが、この記事があなたの旅行プランの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク